安曇川駅, 洋服お直し, 生活/暮らし

作業用の服は防寒も考えて購入する

作業用の服を購入するときには、防寒も考えて購入をしましょう。工場の仕事では作業着を支給されることが多いですが、工場によっては支給されないところもあります。工事現場や倉庫のアルバイトなどでは、基本的には支給されません。自分で動きやすい服を持っていくことになりますが、作業着を持っていると便利です。

冬場には寒い中で作業をすることもあります。防寒をしっかりとしておかないと体調を崩して仕事にも影響します。体を動かしているとかえって暑いと感じることが多いので、比較的薄着で仕事をしている人もたくさんいます。しかし、休憩時間や仕事がなくて待機をしている時間などにはとても寒く感じます。

温度を調節できるように上着を何枚か重ね着しておくのがおすすめです。下にはヒートテックのシャツなどを着て、その上には薄い上着を、さらに上には防寒のしっかりとした上着を羽織るようにしておくことで、状況に応じて着たり脱いだりして温度調節をできます。中に着る服についてもこだわっておきましょう。くつしたを2枚も3枚も重ねてはくという人もいますが、それならば防寒用のくつしたを1枚はいたほうが効率的でしょう。

工場の仕事などでは、ブーツを履くということは禁止されていることが多いです。防寒用のしっかりとした作業用の靴を購入するようにしておきましょう。くつしたと靴の両方をあったかいものにしておけば、下半身が冷える可能性を下げることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です