洋服お直し, 生活/暮らし, 茨木駅

屋外作業の防寒には服の下にもう一枚を追加して

冬の屋外作業は、寒さとの戦いでもあります。適切な防寒服対策を行うことによって能率も上がり、より快適に作業に集中できるようになりますので、身につける服についてしっかりと考えておきましょう。もっとも重要なのは冷たい風を遮り、身体全体を寒さから守るための上着ですが、意外と軽視しがちなのがアンダーウェアです。肌に直接触れるアンダーウェアを機能的なものとすることで、あたたかい上着を羽織ることと同じか、それ以上に防寒対策として効果が得られます。

機能性のあるアンダーウェアとしては、さまざまなメーカーから販売されている発熱素材で作られたシャツやタイツが挙げられます。肌に密着することで動きを遮ることがなく、薄手のために外側の服装に影響を与えないということからも人気が高い製品です。発熱タイツを履くことによって、体感温度がかなり上昇するとも言われており、冬の屋外作業を行う人にとってはもはや必需品と言っても良いでしょう。防寒タイツには裏地に起毛素材を使用したもの、より生地の密度を高めて防風性を高めたものなどもありますので、作業する場所の気温や肌触りなどの好みに合わせて選ぶということも重要です。

タイツもシャツも丈の長いものを着用して、肌が外気に触れないようにすることも防寒対策の基本です。厚手の上着で着ぶくれをした状態での作業は見た目にもスマートではありませんし、動きにくいものです。機能性の高い防寒タイツやシャツを着用し、快適に過ごしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です