洋服お直し, 生活/暮らし, 西神中央駅

冬の作業服は防寒と機能で選びましょう

防寒性に優れた作業服は、どんなに寒い時でも熱を逃がさないよう工夫がされています。作業服なので、暖かさを重視した一般的な服よりも、多機能で動きやすいという特徴があります。作業着用の専門店も出店していますが、それだけ需要が多いということになります。防寒性に優れているものは、内側がアルミ仕様になっているものがあります。

軽くて動きやすく、熱を閉じ込め逃がしにくいのです。さらに作業をする側から考えれば、さらさらした手触りなので汚れが落ちやすい利点があります。洗濯をしても乾きやすく、汚れやすい職場では非常に使いやすいと考えられます。ボアやフリースは、温かみはありますが機能面で劣るため、作業場ではあまり重宝されません。

メッシュは風を通す作りなので、こちらは春夏用として使用するのが好ましいでしょう。昼に比べ、夜は気温が下がりやすい傾向にあります。防寒できることに加え保温機能があると便利です。寒さを防ぐばかりでは体が冷えてしまいます。

保温できればすぐ寒くならないので、服の中に暖かさがこもったまま快適に仕事ができます。職場環境にもよりますが、上下分かれたタイプではなく、つなぎのような作りの方が暖かさが逃げにくい特性があります。インナーもなるべく腰や首周りが冷えにくいよう、丈は長めでタートルネックに近い作りのものをおすすめします。防寒としての素材はポリエステルは避けましょう。

体にぴったりと密着するようなストレッチ素材が適しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です